FC2ブログ

09

28

コメント

都電敷石再固定工事

今回は通路敷石の再固定工事をご紹介します。
通称都電敷石と呼ばれているもので、元は東京の路面電車の線路敷石だったものです。
現在は通路敷石として再利用されています。

施工前
th_P1210001.jpg

th_P1210004.jpg

目地が落ちて泥が入り込み、石が動くようになったものを放置していたため不陸が大きくなっています。
不陸のせいでケガなどしたら大変です!

まずは石を三又に吊ったチェンブロックを利用して持ち上げ移動。
大きいもので80kg以上(!!)あるので手作業は危険です。

th_P1210067.jpg

敷石は表面だけが仕上げられているため裏面はこのように不揃いで平らではありません。
(厚いところで15cm以上の厚さがあります)

th_P1210018.jpg

石の下には流れ込んだ泥が堆積しています。

th_P1210017.jpg

堆積した泥を掻き出します。

th_P1210020.jpg

当初の下地がしっかりしていたため水洗いをしました。

th_P1210023.jpg

モルタルノロを敷いて

th_P1210031.jpg

石を再設置

th_P1210036.jpg

さらに目地からモルタルノロを流し込み

th_P1210038.jpg

幅の広い目地には骨材の砂利を入れます。

th_P1210043.jpg

満遍なく石を叩いてノロを浸透させた後、石を拭き取り清掃します。

th_P1210045.jpg


そして、ついに完了です! 綺麗になりました。

th_P1210105.jpg

                                                   “ Y ”

プロフィール

アーバン・リンク

Author:アーバン・リンク
東京都江戸川区でマンション営繕工事・リフォーム工事・各種メンテナンス等を行っています。
スタッフが担当工事等の情報を発信しています。

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad