FC2ブログ

09

29

コメント

スーパームーン・月虹・旅客機

昨日は今年最大の月[スーパームーン]ということで、写真を撮ってみました。

150928スーパームーン


少し待てば羽田の着陸進入機の航路に入りそうだったので、1時間半ほど月の上がりを待ちました。
幸い薄雲が掛かってきたため、シャッタースピード調整で旅客機のシルエットくらいは写りそうな
状況になり、同時にやや虹色のリングが掛かってきました。
(あえてこれを月虹とします、本当の月虹がどんなものか知りませんごめんなさい)
それがこの写真です。本当は月に飛行機が入れば良かったんですがまあこれでベストショットにします。
旅客機は右下です、念のため。

高田 記

th_月虹・スーパームーン・飛行機

09

28

コメント

都電敷石再固定工事

今回は通路敷石の再固定工事をご紹介します。
通称都電敷石と呼ばれているもので、元は東京の路面電車の線路敷石だったものです。
現在は通路敷石として再利用されています。

施工前
th_P1210001.jpg

th_P1210004.jpg

目地が落ちて泥が入り込み、石が動くようになったものを放置していたため不陸が大きくなっています。
不陸のせいでケガなどしたら大変です!

まずは石を三又に吊ったチェンブロックを利用して持ち上げ移動。
大きいもので80kg以上(!!)あるので手作業は危険です。

th_P1210067.jpg

敷石は表面だけが仕上げられているため裏面はこのように不揃いで平らではありません。
(厚いところで15cm以上の厚さがあります)

th_P1210018.jpg

石の下には流れ込んだ泥が堆積しています。

th_P1210017.jpg

堆積した泥を掻き出します。

th_P1210020.jpg

当初の下地がしっかりしていたため水洗いをしました。

th_P1210023.jpg

モルタルノロを敷いて

th_P1210031.jpg

石を再設置

th_P1210036.jpg

さらに目地からモルタルノロを流し込み

th_P1210038.jpg

幅の広い目地には骨材の砂利を入れます。

th_P1210043.jpg

満遍なく石を叩いてノロを浸透させた後、石を拭き取り清掃します。

th_P1210045.jpg


そして、ついに完了です! 綺麗になりました。

th_P1210105.jpg

                                                   “ Y ”

09

25

コメント

窓サッシのリペア

こんにちはアーバン・リンクです

本日は、先日作業した窓サッシのリペア専門職人さんの作業を紹介します。
サッシ水切り皿板は、傷のつきやすい所ですが、交換できない箇所でもあるのです。
こんな場合は、リペア職人さんの出番となります。

↓こんな傷です
th_P1000019.jpg
まずは、損傷部を目荒らしします。
軽量板_DSCN0013
さらにペーパーの番手をかえて下地補修ができる生地を作っていきます。
軽量板_DSCN0016
ポリパテによる下地補修
軽量板_DSCN0020
ここからが地道な作業です。
荒いペーパーから目の細かい物に変えながら
下地調整
軽量板_DSCN0022
さらにサフェーサー吹き付けによる下地調整
軽量板_DSCN0052

そしていよいよ着色塗装です。
薄く何度も重ね塗りを繰り返し、周りとの色合わせをします。
軽量板_DSCN0056

完了です。
軽量板_DSCN0057
軽量板_DSCN0060

ピカピカに生まれ変わりました。

by O




09

15

コメント

シャッター交換工事の立会

社員Kです。今日はシャッター交換工事の立ち会いです。

施工前です↓
新宿前
シャッターを交換する前に梁型を解体する工事が必要です。
解体後です。↓なんと中は二重天井になっていました。現場はこのような予想外の事がよく起こります。
th_P1010902.jpg
そしてシャッターの解体作業です。
th_P1010910.jpg
解体後、新しいシャフトが入りました。
th_P1090061.jpg
そしてスラットを取付けます。
th_P1010929.jpg
シャッターを交換後、天井復旧をしました。
th_P1010955.jpg
塗装工事も入ります。
DSCN4648.jpg
シャッター交換自体は半日で終わるのですが、その他の建築工事が結構大変です。

そして完了しました!錆びて開きにくかったシャッターですがスムーズに開閉出来るようになりました。
シャッター完了





09

14

コメント

ボンドシリンダー工法による躯体亀裂補修

こんにちはアーバン・リンクです。
先日施工したエポキシ樹脂注入による亀裂補修のご紹介です。

クロスを剥がし亀裂の先端から端部までを確認
軽量板_DSC01544
亀裂に沿って均等に座金をセット
軽量板_DSC01565
剥離シールにより亀裂塞ぎ
軽量板_DSC01570
樹脂注入用シリンダーをセット
軽量板_DSC01600
24時間経過すると、、、
亀裂部にエポキシ樹脂が充填されました。
軽量板_DSC01607
剥離シールと座金撤去後下地補修をし、クロスを張り完了です。
軽量板_DSCN1383

軽量板_DSCN1391
by O

09

10

コメント

扉の修繕工事

扉の交換を行いましたのでご紹介します。

この扉を交換しました。

DSCN4320.jpg


経年による発錆により開閉が困難な状態でした。
防犯面も考慮し鍵付きの扉にします。


既存の扉を撤去します。
DSCN4366.jpg

枠解体作業中・・・
DSCN4375.jpg

撤去完了!
DSCN4441.jpg


いよいよ新しい扉を設置開始です!

まずは枠を取付け
DSCN0945.jpg

扉を取付けて・・・
DSCN0958.jpg

取合部にシールを入れ
DSCN1002.jpg

設置完了です!

完了写真修正

エントランスが古く重苦しいものからとても明るくなりました!

                                                  “ Y ”






09

04

コメント

非常口の設置要望

社員のKです。
先日非常口設置工事に立ち会ってきました。

このようなフェンス塀に非常時の扉を設ける工事です。
th_P1010551.jpg

フェンスをサンダーでカット(結構な音が出ました ;^_^)し扉の枠を設置します。
th_P1010609.jpg

扉を取付けました。
その1


そして完了です!
これで非常時には内側から外へ出られます。
そも2
その3

プロフィール

アーバン・リンク

Author:アーバン・リンク
東京都江戸川区でマンション営繕工事・リフォーム工事・各種メンテナンス等を行っています。
スタッフが担当工事等の情報を発信しています。

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad